FC2ブログ

MY TREASURED CASKET

亮ちゃん大好き♪そんなもぐらの心の玉手箱。
TOPオルトロスの犬 ≫ 第五話 「暗殺者」

第五話 「暗殺者」

やっとここに辿り着きました(汗)。

前回のあの、碧井の部屋で碧井が力を使ってしまったあの日、あの時…。
あのあたりから、碧井の表情も力強くなり、優しいだけの碧井先生ではなくなった。

高校教師から力を持つ人間として、自分に課せられた運命。
その運命にどうやって向き合っていくのか…。
サバイバルゲームみたいになってきて(笑)。
ちょっと楽しくなってきました。


あんたは俺に一体何をしてくれる???


そんな竜崎のセリフすら、もうこだまのように聞こえてきそうだけど(笑)。


全くドラマとは関係ないけど。
どこかで人は人に期待をし、成長を見守り、喜びを感じ…。
そうでないと人生は楽しくないのかもしれないけれど。

見返り???←竜崎とは少し違うかも知れないけれど…。
自分が何かをしたから、何かを…。と言う考えがあまりないもぐらです。
何かをしてもらうために何かをする自分ではなく…。
何かをしてあげたいから、それ以上は必要ない…。
いつのころからかそう思うようになったように思います。


だから…。そうやって見返りを期待して、竜崎が言うセリフ…。
本当に見返りを期待しているのかなぁ???
それとも、見返りのない人を探し、人を判断しているのかなぁ???

そして、純粋な人物だった碧井に、
竜崎は何を求め、何を期待し、どういう関係でありたいと思っているんだろう???

いろいろ思いながら見ちゃうんだけど…。
とりあえず、超もぐら的妄想&想像の含まれた感想です


お立ち寄りのついでにポチッとしていただければ
うれしいです。ランキングに参加中♪

拍手をありがとうございます。 

まるで、たくさんの財宝が見つかったかのように…。
両極端の力に群がる、権力者たち…。


碧井先生は病室の前で、一体何を心に決めたんだろう…。


待ち伏せをしている沢村に…。
自分に近づく目的、前日の真相、そして次の碧井のターゲットを示す。
碧井のためと正当化し、証拠の残らない殺人を依頼する沢村。

唖然と立ち尽くす、碧井は何を感じたのだろうか???


~車から渚が携帯で碧井に電話をするシーン~

この時の碧井が携帯を持ちながら歩き続けるシーン
長いセリフやぁ(汗)、頑張りました、ちょっと噛みそうだったけどね。
-気を付けて、知りすぎて調べすぎることは貴方を危険にする-
そんなメッセージを伝え、彼は何かを考え動き出す。

そんなメッセージの後、彼は熊切社長に息子が危険だと忠告する。
どこまでもいい人なんだね、殺せといわれた対象の親に連絡するなんて…。




自分の事しか考えてない政治家
竜崎の力も自分のためだけに利用しようとしている。
竜崎の「あんたを俺にくれ」って言うのは…。
貴方の地位も名誉も命も自分捧げられる覚悟があるのか???
って聞いているんじゃないの???って思うんだけどなぁ…。

そして自分の研究のために、たくさんの命を助けたいと…。
竜崎に近づく人間がまた一人…。
竜崎の力に魅了され、竜崎の力が欲しい人。
本当に竜崎を人間として接してくれる人はもういないのかなぁ…。





~狙われる渚を助ける碧井~

竜崎をこの世に放ったのは僕です。
たとえ殺人を犯していなかったとしても、
あいつは拘置所から出るべきじゃなかった…。
あいつも俺もこの世に存在しちゃいけなかったんだ…。

今夜自分で始末をつけます…。


もぐら暗ーい場所の錦戸さんのシーン大好物!
お顔がはっきりしないのに何でかなぁ???
明るい場所より暗い場所のほうがかっこよく見えるの
でももうちょっとスポットライト的なお顔が見えるくらい明かりが欲しかった(笑)


そんなドラマから外れた感想は置いといて…。
碧井のこのセリフが、ものすごく好きです。
バックに流れている音楽さえも心にしみる。

そして…碧井にとっては竜崎が狂わす世界は、
自分の周りにも存在していることを感じているんだよね~。

あまりにもここまでのシーンに集中しすぎて(汗)
ここでこの回が終了なのかと誤解しちゃったくらいです。


~竜崎&碧井のシーン@屋上~

竜崎を殺そうとやってきた碧井だったけど…。

家族との関係、現実は容赦なく自分を傷つける…。
そんな言葉に…、さらに竜崎の言葉に…。
でも揺らがない碧井の気持ち。でも…。

これは『ゲーム』なんだ。
みんなは俺たちが強い駒だと思って、取り合っている。
だがな、俺たちは駒なんかじゃない、プレイヤーなんだ!
俺は次の手を打つ。お前はどうする?

俺にとって重要なのは、この力を正しく使うことだ。

そう、使われる駒ではない。
そう気付かされた碧井。自分が駒ではなくプレイヤーだとしたら…。
「自分に何ができる???」
自分という駒を喉から手が出るほど欲しがる相手に…。
自分はどこまで戦える???
そんな声が聞こえてきそうだけど…。

~沢村&碧井のシーン~

沢村の車で熊切のもとに碧井がやってくる。

熊切を見つけ、彼を追いつめ、首に手をかける碧井…。
そして熊切は海に転落…。

その様子を見て大満足の沢村。
そして信じられない思いでその様子を見ていた渚…。


うひょ~~~、何でもいいけど熊切が落ちた後から先の
船上の碧井のひきのカメラアングルがたまらない
ちょっと足かけてるそのお姿にメロメロ(o^^o)ふふっ♪


でっ???
碧井先生、熊切さん殺してないよね(笑)
殺したフリしただけだよね…。

いつもの血管ムキってなるのも映らなかったし、
殺す相手の顔もビキビキってならないし…。
助けてあげたんだよね。碧井先生

もぐらはそう信じているんですけど…。

だってこの力を正しく使うことなんですよ…。
もぐらは碧井先生を信じてる(笑)。

ではでは…。HDDの片付けに終われ。
デジタル&アナログ両録画予約時間確保いたしました

今日もお付き合いありがとうございます。

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

今日のお月様~☆・:.,;*
お月様が大好き!
ただいまの時間♪
☆プロフィール☆

もぐら

Author:もぐら
はじめまして(*^_^*)

錦戸亮くんに夢中のもぐらと申します(笑)。
いつからかぶらっくもお気に入り♪

30代も後半になって(汗)
こんなに彼に夢中になるなんて…
(*ノノ) キャー☆.。.:*・°☆.。.:*・°
自分が一番驚いています(笑)。
アラフォーです♪
もぐママの冷たい視線も浴びながら。
もぐらの精一杯の愛を届けたい`*:;,.☆

メール、コメント大歓迎♪
楽しくお話できるお友達募集中です。
メールは、、メールフォームからどうぞ♪


ただし…。
もぐらの大切な玉手箱の空気を変えてしまうような発言は、適切な対応をさせていただきます。
そのくらいもぐらにとって大切な場所なのです。ご理解いただけますようご協力お願いいたします。



もぐらの
亮ちゃんに至るまで

興味をもたれた方はポチッと♪どうぞ…。

☆お友達&亮ちゃん情報☆
☆もぐらの大切な日☆
∞8周年で何かが起こるのかなぁ(笑)ねぇ裕くん期待しててもいいですか???
カテゴリー

openclose

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ